プレスセンター

工業自動化の「火眼金目」―機械視覚検査が製造業の発展を助ける
公開日:2023-07-21 リーディング:233

周知のように、機械視覚検査は人の目の代わりに測定と判断を行うことであり、その最大の特徴は速度が速く、多くの人力を節約でき、生産品質が高いことである。工業自動化の「慧眼」として、製造業の進歩に大きく影響しており、現在のハイエンド製造を核心とする工業4.0時代を背景に、工業自動化産業市場は絶えず増加の勢いを呈しており、その中で工場の「火眼金目」の役割を果たす機械視覚機能は不可欠である。


202307210310993704.jpeg


まず、機械視覚が実際の応用において工場にどのような変化をもたらしたのかを認識してみましょう。機械視覚における目標認識、目標追跡、多球機械追跡連動技術などのアプリケーションは安全業界に変化をもたらした。カメラを人間の目とすれば、スマートビデオ解析システムは人間の脳と理解することができ、スマートビデオ解析技術はプロセッサの強力な計算機能を利用してビデオ中のマスデータを高速に解析して人々が必要とする情報を取得する。機械視覚と画像処理技術を追加すると同時に、リアルタイムビデオ監視システムを設計した。システムはビデオ監視を実現すると同時に、ビデオ変化検出と自動記録機能を追加した。システムは、シーンの変化を自動的に認識し、移動先を検出してロックし、警告を発してストレージデバイスをアクティブにすることができます。これにより、ストレージスペースが節約され、監視ストレージの効率が向上し、不要な再生が削減されるだけでなく、データがより的確に処理されます。

また、機械視覚技術を利用した工業欠陥検出は非接触式、高効率、低コスト、自動化の程度が高く、伝統的な欠陥検出方法に取って代わっている。この検出と測定は手動操作ではなく、大量の人的資源を節約し、会社に大きな利益をもたらすことができるため、その応用はますます広くなっている。

次に、製造業での典型的な応用についてお話しします。

物体測定応用

機械視覚工業の応用の最大の特徴はその非接触測定技術であり、同様に高精度と高速度の性能を持っているが、非接触に摩耗がなく、接触測定による二次損傷の危険性を解消した。一般的な測定用途には、歯車、コネクタ、自動車部品、IC部品のピン、ドリル、ねじ検出などが含まれる。

画像検出アプリケーション

検査は機械視覚工業分野の最も主要な応用の一つである。ほとんどの製品は検査が必要であり、人工検査には多くの弊害があるため、多くの利点を持つ機械視覚は画像検査の応用の面でも非常に広く、例えば:2000年10月に新たに発行された第5セットの人民元の中で、1円硬貨の側方は偽造防止機能を強化し、生産過程の厳格な制御要求に鑑みて、造幣の最後の工程に視覚検査システムを設置した。

画像認識アプリケーション

画像認識は、さまざまなパターンのターゲットとオブジェクトを識別するために、機械的視覚を利用して画像を処理、分析、理解することです。画像認識の機械視覚工業分野における最も典型的な応用は二次元コードの認識である。大量のデータ情報を二次元コードに保存し、バーコードを通じて製品を追跡管理し、機械視覚システムを通じて、各種材質表面のバーコードを容易に入力することができる